So-net無料ブログ作成
検索選択

DUSSUN T2 [その他の機器・製品]

ハイエンドショウ・トウキョウ2007にも出展されていたという、

DUSSUN Integrated Amp T2。

オーディオ製品としては珍しい、小型デスクトップスタイル

この製品は、基本的にはプリメインアンプであるが、
ヘッドホン端子の音も、なかなかの魅力がある。

今回はあくまでヘッドホンアンプとして、
さらには、USB DAC付きヘッドホンアンプとして、
中野のフジヤさんにお借りして、自宅試聴させていただいた。

ハイパーサイバーデザインとは裏腹に、

大らかで、豊かに音楽を楽しませてくれるような、とても魅力的な音色だ。






ーーー 続きを読む ーーー


外観は、単体オーディオ製品としては珍しい縦型アンプ。

左右のヒートシンク状の部分の幅は、合わせて全幅の1/3近くはあるだろうか。
とても独自性を感じるデザインである。

ちょっと見、小型デスクトップPCか、サーバーか、

はたまた、デロンギの超小型オイルヒーターか??といった風貌。(笑)

縦型ということもあり、パソコン周りで使用するのに便利だろう。
もう少しスリムなら、省スペース的には尚良かったのだろうが、
このサイズと、ヒートシンク構造のデザインには、
これ以上の小型化よりも価値がある、と思えるものを感じた。





前面は至ってシンプル。

パネル上方には、入力切り替えの3つのセレクトスイッチ。

アナログ入力としてCDとAUXの2系統、そしてUSBのプッシュボタンが並んでいる。

丸みのあるプッシュボタンはクリック感も小気味良い。

インジケーターは、入力の選択時、赤のLEDが点灯するが、
USB入力に限り、入力信号がある場合には、緑のLEDが点灯する。

つまり、USB入力を選択して赤のLEDが点灯している場合は、
入力選択はしたが、信号が来ていないので音が出ない状態を示す。

その下にあるボリュームノブは比較的スマートなつまみ。

感触は、このサイズのノブとしては標準的な重さ(軽さ)か。

さらに下方にはヘッドホン端子があり、その下に電源プッシュボタンがある。

ヘッドホン端子と電源スイッチの配置は、個人的にはやや近い気がする。





背面もスッキリとまとめられている。

上からアナログRCA入力が2系統、
ラインアウトが1系統、
USB入力端子、
スピーカー出力端子、
電源ケーブル用インプレット

アナログ入出力の左右の端子の間隔はやや狭めなので、
あまり太くてリッパなケーブルの使用には注意が必要。

スピーカー端子はなかなかしっかりしている。

今回、スピーカーでの試聴ができなかったのが残念!





ヘッドホン端子の音について。

大らかで心地良い音という感じがする。

細かな音も充分クリアに聴こえるのだが、
どちらかと言うと、響きは多めで、
ことさら細部を描き出す、というタイプの鳴り方では無い。
低域も締めて聴かせる感じではなく、厚みがあり、量感も充分。

ノイズフロアに関しては、標準からやや多めか。
実用上、ノイズ自体が気になる程では無いが、
背景の静けさのようなものを求めると、やや不満が残る。

入力ゲインが大きいので、低インピーダンスのヘッドホンでは、
充分過ぎる程、音量が取れる。

ちなみに我が家の環境&私の耳では、

edition7
7時で小音量リスニング、8時から9時で充分、10時で爆音。
無音状態では、11時過ぎからサーノイズが聴こえてくる。

HD580
8時で小音量リスニング、9時で充分、10時半で爆音。
無音状態で2時過ぎからサーノイズ。

尚、サーノイズに関しては、USB入力も同様。

当然ながら、ヘッドホンや電源周りの環境にも寄るので、あくまで参考までに。




アナログ入力での音について。

基本的には、入力に対してとても素直でストレートな音だが、
大らかさを持って鳴らしている感じ。
音場感はやや広がる感じで、決してモニター的ではなく、
リスニングの心地良さを感じられる音。

入力に対して、気持ち高域が華やかになる印象。
このあたりは、好みにもよると思うが、
個人的には、これが結構気持ちの良い高域に聴こえる。
ツヤと言う程のクセではないと思うし、
粗さと言うほど粗くは聴こえない。
高域の動的エネルギー感のようなものが感じられる音で、
大らかな音でありながらマッタリし過ぎない、
とてもうまい音のまとめかたという気がした。

ここで、ひと言書いておきたいのは、
電源オンの直後は、特に高域が騒がしい印象があるように感じられ、
しばらくすると、それがあまり気にならなくなった気がした。
それでも、音の傾向としては上記のように感じた次第。


USB入力について。

基本的に大らかな音のイメージは共通だが、
アナログ入力に比べると、高域はおとなしく上品。
そのため、アナログ入力より、やや低音寄りの音バランスに聴こえる。
高域の華やかさが少ない分、聴感上、鮮やかと言うよりはおだやかな音の傾向。
聴き疲れしにくい音なので、長時間リスニングにも向いているだろう。

音場感に関しては、柔らかく広がり、聴いていてとても心地良いのだが、
個人的には、アナログ入力に比べ、やや平面的に聴こえた。

ここでまた、ひと言書いておきたいのは(笑)、アナログ入力時とは反対に、
電源オンの直後は、特に高域がおとなしい印象があるように感じ、
しばらくすると、それがあまり気にならなくなった気がした。
それでも、音の傾向としては上記のように感じた次第。


以上、決して分析的な音ではなく、
大らかにゆったりと心地良く楽しめる感じの鳴り方で、
今回、スピーカーでの試聴ができなかったのは大変残念であるが、
このプリメインアンプの持つパワーを、
どこか感じさせてくれるような、豊かな音という印象。





尚、DUSSUN(ダッサン)は中国のメーカーで、
創業者のツー・ヤンヤンは、以前在籍していた別会社のハイファイ部門において、
チーム・ダッサンのエンジニアとして長らく活躍。
マーク・レビンソン主催のレッドローズミュージックのインテグレーテッドアンプをはじめ、数々のOEMプロダクツの設計・製作に携わってきた経歴を持つという。
ダッサンは、これらのキャリアを基礎にして、新しくスタートした本格ブランドであるとのこと。


独創的で革新的なデザインとは裏腹に、

まるでリスニングの王道のような、大らかで心地良い音。

PC上の音楽ファイルをUSB経由で、こんな感じの音色で楽しむというのも、

意外性もあり、なかなかオツなものかもしれない。 







参考資料

Audio Reference Inc. サイト DUSSUN Integrated Amp T2
http://www.audiorefer.com/dussun/t2.html

フジヤエービック ブログ 記事 「有楽町で逢ってきました。Part2」
http://avic.livedoor.biz/archives/50800931.html

現在、ダッサンT2の店頭試聴が可能だそうです。


nice!(8)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 8

コメント 23

Chris

最初見たときは本当にPCかと思いました(´・ω・`)

デザインはおもしろくていいのですが、
他の機器と合わせるのはちょっと難しいかしら・・・w
でもなぜか憎めず、魅力的なんですよね。
by Chris (2007-10-17 17:47) 

moonrabbit

PC向けという感じですよね。
PC-FXと並べてみたい・・・d( ̄  ̄;)☆\(ーー )フルイ!
ninaさんのところでも広い定位と柔らかさが書かれていましたが、
リラックスするには良さそうな感じですね。。。
by moonrabbit (2007-10-17 20:40) 

thaler

日本人は、小さくする天才ですね。
by thaler (2007-10-18 23:21) 

☆満天の星★

PC向けという点からで書き込みしています。

じつはPCの光学ドライブでは旧タイプ(CDプレーヤーで再生不可とされていたもの)のSACDはデータ化できないと思っていましたが、オートの曲付け等は制限があるものの、ちゃんとWAVファイル化出来ました。
Hybridナントかという最近のものはオートの曲付けも出来ます。

このSACDから取り込んだ音質が、どう聴いても通常のCDとは比較にならない音の張り出し感、レンジ感、空気感と感の付くものすべてにおいて勝ります。もう元には戻れない、という感じの良さがあります。

何時も聴いてるソースですとその違いが明確になると思うのですが、はじめてですと比較する音が脳内に無いため解らないかもしれません。
ここらは音の差異の比較論になりますからやむ無しです、、、
ソースをお持ちの方、WAVファイルに取り込んだデータを一度PCでもヘッドフォンでも良いので、試し聴きしてみて下さい。
私のDAPにある1400曲ほどのうち入手可能なSACDは5%にも満たない現状ですが、海外からとか可能な限り揃えて入替えしようと思ったほど違います。

是非、是非(^^
by ☆満天の星★ (2007-10-19 15:48) 

tamegorou

>Chrisさん、

そうですね。
オーディオ製品としてシステムを組む際には、
デザインが少し立ち過ぎているかもしれませんね。

逆にPC周りの音声をオールインワンで扱うには、
便利でスッキリとしていいのかもしれません。
by tamegorou (2007-10-25 07:32) 

tamegorou

>moonrabbitさん、

音も含めて、この製品をPC周りで使用するのは面白いと思いますね。

もちろん、ただ柔らかいだけの音ではなく、
しっかりとした基本性能はありますし、音楽を楽しめる音色だと思います。
モニター的ではないし、神経質な音では無い、という感じですので、
聴いて心地良いと感じる方は多いと思いますね。
by tamegorou (2007-10-25 07:39) 

tamegorou

>thalerさん、

確かにそうですね。
このメーカーは中国のメーカーですが、
日本のメーカーのミニコンポやデジタル・オーディオ・インターフェイスなどの影響も多分に受けているのかもしれません。
by tamegorou (2007-10-25 07:42) 

tamegorou

>☆満天の星★さん、

貴重な情報ありがとうございます。
SACDの取り込みについては大変興味がありましたが、
とても参考になります。
私もぜひチャレンジしてみたいと思います。
by tamegorou (2007-10-25 07:45) 

cherry

とても勉強になりました。
これからも時々お邪魔させて下さいね!
by cherry (2007-10-29 16:56) 

tamegorou

>cherryさん、

コメントありがとうございました。(^^
今後もよろしくお願いいたします。

ブログ、拝見させていただきました。
ここ最近、料理にも挑戦してみているのですが、
まだまだ段取り上手というわけにはいきません・・・
なかなか奥が深い世界なのでしょうね(^^;
by tamegorou (2007-10-31 18:48) 

☆満天の星★

価格コムというサイトのbbsにも書き込んだものですが、、、

DAPを愛用されている皆さんに朗報です。自宅派の方はすでに同等以上
の音で楽しんでおられると思うので、前者向けに自分で試したRipping処
理後のレポートをします。

私もずっと光学ドライブでCDまたはSACD(Hybrid)からRippingしてPC内
にWAVファイルを作成、そこからMP3/320kbps/48kHzサンプリングレート
でDAPに取り込んで常用していました。
光学ドライブも内蔵タイプと、3P電源コネクターを付けた外付けドライブ
と二種類あり、音質は外付け光学ドライブを自作のAcrolink製ケーブルに
WATTaGATE-350シリーズのプラグ、壁側コンセントにPAD製という装置
で行なったほうが音の臨場感がアップするのは知っていました。

最近、寝室用の安物のDVDプレーヤーが壊れたのでリビングで寝ていた
DENON-2900というCD/DVD-/SACD対応の機種を持ち込み、これで映
画を観ていました。
??と思って、2900-NのLine-outから下記のオヤイデ製ケーブルで自作し
たRCAケーブルとEDIROLのUSBオーディオをつなぎ、USBでPCに波形でWAVファイルを造ってみようと思いました。
http://oyaide.com/catalog/products/p-2623.html  <<RCAケーブル
はこれです。
WAVファイルはCDから取り込む際は16bit/96kHzというサンプリングレー
トで、SACDから取り込む際は24bit/192kHzのDVD-Audio規格にしました。
MP3に圧縮する際は24bit>>16bitに一度落としサンプリングレートはこの
まま48kHzのMP3へダウンコンバートさせます。実質的には128kbpsと同様
約1/10程度に圧縮されますが情報量と元データの密度が高いために、
音質はかなりなものが残せます。

両者間の音質傾向の違い、特異、不得意は下記のような感じでした。

>>据置き専用プレーヤーから取り込む利点は、、、
・特に生楽器主体の音楽(私はクラシックは聴きませんが)、パーカッショ
ン群が入るもの、ものによってはヴォーカル系、これの極めはライブ音源
です。
ソース側がSACDですとさらに空間が変わり、音全体がやや左右後方に
綺麗に拡がります。
PCで行なった時とは明らかに異なります。CDでもプレーヤー側がオーバ
ーサンプリングしてコンバートしているためか、やはり異なります。
特にアタック音(スネア、パーカッション、ギターの強めのチョーキングetc)
は子供と大人の違いです。
ギターの空ピックの引っ掛かり音、マリンバ等の余韻、ヴォーカルの息遣
い等、音の善いソースだと思っていたものでも違いを感じます。

ただし打ち込み主体のシンセベース系、キーボードアンサンブル主体の
インスト系は明らかに逆に臨場感が邪魔になっていてPCからRippingした
ほうが善いと感じるものもありました。

♪検証に試したソース>>
・SACD/Caravansarai(Santana'72)
・SACD/Flood(Herbie Hancock&HeadhuntersのLive'75)
・Rudy Van Gelderの名盤CD/Kind of Blue(MilesDavis'59)
・SACD/GAUCHO(Steely Dan'82)
・SACD/Headhunters'74Come Away with Me(Norah Jones'02)
・CD/Unplugged(Eric Clapton'92)
・SACD/Ultimate Collectiomn(Quincy Jones'75-90)
・SACD/Gratitude(EW&F Live'75)
・CD/Innervisions(Stevie Wonder'73)
・CD/Morning,Noon,and Night(Bob James'94)
・CD/A Funk Odyssey(Jamiro Quai'01)

PCのRipping処理における高速読み取りというのが音質にマイナス面を
与えていると思いました。
特に、音のエッジ感、上記のようなギターの引っ掛かり感、生楽器の持つ
音の深み、エコー成分を含むホールやスタジオの空間音、そしてスネアの
アタック時の抜けなど決定的なダメージになります。

参考までに。
by ☆満天の星★ (2007-11-16 18:53) 

tamegorou

>☆満天の星★さん、
返事が遅れて申し訳ありませんでした。

いつも貴重な情報ありがとうございます。
近い将来、オーディオインターフェイスの変更も視野に入れて、
ぜひ検討したいと思っています。

PCのRipping処理における高速読み取りの問題も、
改めて考えさせられるものがありました。
by tamegorou (2007-12-17 19:10) 

オーラの泉太郎

初めまして
今、オーディオのグレードアップを考えているので
大変参考になりました。
by オーラの泉太郎 (2008-01-04 14:58) 

ダイスケ

現在PC猛勉強中です。
周辺機器も次から次へと新しいものが出てくると、追いつきませんね。

これからもよい情報があれば教えてください。
よろしくお願いします。
by ダイスケ (2008-01-20 12:14) 

ネバーランド

最近は熱狂的なオオディオファンという人少なくなりましたね。
未だに真空管の音が好きです。
オルトフォンとかピッカリングの針の音の違いを聞き分けて楽しんでいたころが懐かしい。
by ネバーランド (2008-02-15 22:09) 

こうちゃん

元気?
by こうちゃん (2008-04-29 14:36) 

ホワイテックス口コミ

このアンプめっちゃ興味あります!
すごいいい音を響かせてくれそうですよね^^
by ホワイテックス口コミ (2009-08-10 01:40) 

やずや

かっこいいアンプですね。
次回の更新も楽しみにしています。

by やずや (2009-10-26 10:30) 

クリスマス

音へのこだわりが素敵ですね!
参考になりました。
by クリスマス (2009-11-02 10:13) 

電験3種

やっぱり音にはこだわりたいですよね。
更新楽しみに待っています。
by 電験3種 (2009-12-06 14:48) 

miki

いつかはこんなオーディオがほしいです~。
by miki (2010-04-17 08:16) 

恭太郎

縦型アンプは、

珍しい・・・

by 恭太郎 (2011-09-24 20:42) 

イチ

ためごろうさ~~~ん!!
by イチ (2011-12-12 03:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。