So-net無料ブログ作成
検索選択

爆裂!爆笑!「JUMP」 [コンサート・公演]

昨日、新宿シアターアプルにて、
韓国のライブエンタテインメント、「JUMP」を観劇。
http://www.jumpjump.jp/

何でも「コミック・マーシャルアーツ・パフォーマンス」ということらしい。

観る前は、どんなモノだか正直ちょびっと心配だったが、
これほど面白くて、見応えあるパフォーマンスだとは!!!

もうね、ギャグが「やめてくれぇー」ってぐらいにナンセンスで、
ハマると笑いが止まらない。
この感覚は、もはやドリフターズを越えてるかも???

そして、武術や体操に裏打ちされたダイナミックでアクロバットなパフォーマンス!
ワイヤーアクションを彷彿とさせる、ムーンサルト的な動きは感動モノだ!
男も女もキレの良い動きで躍動感タップリ!

ギャハハ・・・オオーースゲーーー!!!の連続!

涙が出る程笑いながら、アクロバットなパフォーマンスを存分に堪能した。
(以下、ネタバレも多少アリ)



写真はすべてオフィシャルホームページよりちょっと拝借)


ーーー 続きを読む ーーー

仙人みたいな老人による前フリの後、とある家族の物語。

この連中が、どうしようもなくバカバカしい一家で、
なぜかやたらと元気で動きがイイ。
夫婦、飲んだくれの叔父さん、娘、婿、お祖父ちゃん※の6人家族。

※前フリ、進行役の仙人みたいな老人とは別人のお祖父ちゃん。

中でも、飲んだくれの叔父さんと婿は、何とも特異なキャラクターの持ち主で、
その辺はかなり見どころであり、
他の皆もそれぞれ味のあるキャラクターだ。

客(なのか???)を交えての演出も楽しい。

セリフといったセリフはほとんど無く、
ほぼ、その動きだけで理解できるような、わかり易いストーリー展開だ。
たまに雄叫びや簡単な日本語のセリフがあったりして、何気に笑いを誘う。

「まあ、こんなもんかな?」

ぐらいの気持ちで楽しんで観ていたが、その後がいけなかった!
ハッキリ言って、甘かったです。ナメてました。(笑)





予期せず、2人組の泥棒が忍び込んで来たではないか!

ひとりはオリラジのあっちゃん似の小柄なマッチョヤロー。
もうひとりは、図体がデカイだけでなんか冴えないヤロー・・・と思ったそばから、
そいつの帽子がすっ飛んで、アフロな頭がボン!
その姿は、まるでパパイヤ鈴木みたいだ・・・

もうこのあたりから、ドリフを見て育った世代は頭のネジが完全に跳ぶだろう。
頭で考えるより、無条件に脊髄反応してしまう。





小道具のラジオの使い方といい、暗転の利用法といい、
こういったばかばかしさは、万国共通なんだなぁ・・・

個人的には、この2人組の泥棒が乱入してからの展開が大好きだった!

乱闘シーンやドタバタ劇の中で、確かな身体能力と技術が活かされていて、
それぞれの家族のキャラも、それまで以上に光ってくる感じだ。

笑いを取ったと思えば、すぐさま高度なアクション、
そしてまた笑いと、たたみかけるような展開はお見事!

そういえば、ドリフの「8時だョ!全員集合」には、
ゲストも参加する、ほのぼのとした体操のコーナーがあったが、
失礼ながら、コッチはそんなお遊戯レベルの話じゃない!
何と言っても、「コミック・マーシャルアーツ・パフォーマンス」!!
仲本工事も真っ青のアクロバットのオンパレードだ!!!(笑)





挙げ句の果ては、ドラゴンボールかマトリックスか、という感じの、
お祖父ちゃんの完ペキなまでの3Dアングル・スローモーションの勇姿!

もはやワイヤーアクションさえも越えたと言っていい!!(笑)

効果音も、ばかばかしくも見事なほどハマっている。


シアターアプルに来るのは久しぶりだったが、
この雰囲気、やっぱりイイものである。
「JUMP」は、こういった小劇場ならではのパフォーマンスだと感じた。

この距離感が、コミカルな動きや演者の表情のわかりやすさを生み、
見応えあるアクロバットなパフォーマンスの圧倒的な臨場感を伝える。

予想に反して?(笑)、大満足のパフォーマンスであった。


いやぁー、それにしても、ここ2、3年分は笑ったかなぁ・・・ 








関連記事

「JUMP」オフィシャル・ホームページ
http://www.jumpjump.jp/

読売新聞へようこそ 音楽・舞台
http://info.yomiuri.co.jp/event/02001/200704243966-1.htm

シアターアプル・コマ東宝 6月のスケジュール
http://www.theatre-apple.co.jp/sch01.html

「JUMP」日本公演は、新宿シアターアプルにて、6月24日まで! 急ぐベシ!

以降は、韓国に行って観るのもアリかも???(笑)

KONEST JUMP(ジャンプ)
http://www.konest.com/data/spot_mise_detail.html?no=735



nice!(7)  コメント(12)  トラックバック(1) 

nice! 7

コメント 12

moonrabbit

どうしたんだ!ためさん!!
前回の記事から2日しか経ってない!!!!!d( ̄  ̄;)☆\(ーー

これTVで紹介していましたね。チラッとしか見ていませんが、とっても楽しそうでした。キムチパワー、侮れませんねぇ。( ̄  ̄;
by moonrabbit (2007-06-18 20:56) 

まめぞう

おお、これは見てみたい!
セリフがあまり無いのに面白い・・・シャボン玉ホリデーってそういう感じでしたよね!↑らび師匠!
笑いに言葉は要らないんですよね。きっと万国共通でしょう。ナイスです!^^
by まめぞう (2007-06-18 21:43) 

tamegorou

>らびさん

今回の記事は、感動を忘れないうちに、と思ったのと、
日本での公演が6月24日までなので、
記事にするなら早い方がイイだろうとあわてて書きました(^^;

おそらく武術は達人級であるはずなのに、
どうしようもないギャグ満載で、そのギャップが見事でした
腹がよじれるくらい笑いましたねー
小さめの劇場なので、客席のどこでも楽しめそうでした
by tamegorou (2007-06-18 23:09) 

tamegorou

>エルモさん

セリフはほとんど無いと言っていいですが、
たまにしゃべる日本語がまた、すっとんきょうというか、
笑いのツボにハマるというか・・・(^^;

ホントに高度なアクロバットをやっているのだけれど、
ギャグのあまりのナンセンスさに、頭のネジがふっ飛んだ感じでした
ひとたびツボにハマルともうダメ!(笑)
涙を流しながらヒイーヒイー笑ってしまいました。

もちろんアクロバットなパフォーマンスもホンモノで、
小さい劇場なので、とても臨場感があって感動しました!
by tamegorou (2007-06-18 23:16) 

HIRO

更新早~い!!!\(゚∀゚)/
JUMPですか。始めて見ました。画像を見る限りでは体を張った笑点のようなものかなぁ、と妄想ちう(^^
by HIRO (2007-06-18 23:16) 

haru_one_of_a_kind

婿と仙人がかなりツボでした(笑。
私はドリフを見て育った世代ではありませんが、
それでもかなり楽しめました(^^。
by haru_one_of_a_kind (2007-06-18 23:39) 

Chris

私はもろドリフを見て育った世代ですが、
最近動きで笑わせるコントあまり見かけなくなりました。
しかしこれはかなり面白そうですね!
2~3年分笑ってみたいですw
by Chris (2007-06-19 09:26) 

tamegorou

>HIROさん

>更新早~い!!!\(゚∀゚)/

えへへ、たまにはね

>体を張った笑点のようなものかなぁ、と妄想ちう(^^

確かに画像のイメージでは、「笑点」っぽい雰囲気もありますねぇ
舞台背景がとある韓国の民家なので、そういった東洋的な背景に怖いぐらいのオーバーアクションって意味では近いモノもあるかも(^^;
by tamegorou (2007-06-19 22:10) 

tamegorou

>ハルさん

婿の「メガネ外すと別人格」という設定と動きは、
思いっきりベタですが・・・ハマりますね・・・

仙人のちょこちょこ歩きをあれだけしつこく見せられた後、
お約束と言えばお約束であるはずの機敏な動作も、
ベタすぎて涙がでるほどおかしかったです(笑)

さらにラスト間際でアクロバットパフォーマンスをやった日には、
若い役者が演じているってことはわかっていても、
「おーーー仙人、スゲーーー!!!」
って感じになっちゃいますよね(^^;

隣で私が笑い過ぎて、うるさかったでしょう
どうもすみませんでした
by tamegorou (2007-06-19 22:18) 

tamegorou

>Chrisさん

確かに動きで笑わせるという部分は、ドリフもすばらしかったですね
きっと、笑える動きの基本はナンセンスなのでしょうね

結局「くだらなさ」や「バカバカしさ」も、
突き抜けてしまえば、立派な芸になるという感じでしょうか

かなりドリフとカブってるんじゃないかって動きもありました(笑)

舞台を観て、こんなに笑ったのは、ホント久しぶりの気がします
私、ハマルと舞台でもコンサートでも映画でもバカ笑いしてしまうんです

あ、忘れずに言っておきますが、
「マーシャルアーツ」的な武術の動きや、
アクロバットなパフォーマンスも一級品でしたよ

それらに引けを取らない「くだらなさ」っていうのも、
実際大したモノだと思うぐらいでした
by tamegorou (2007-06-19 22:34) 

chappie

お久しぶりです!
最近ネットの調子が悪くて・・・全然更新もできていません・・・

最初の画像にペヨンジュンそっくりなのがいましたね・・・
by chappie (2007-06-25 12:04) 

tamegorou

>chappieさん、お久しぶりです

私もマイペースで更新してまーす(^^;

確かに似てますね>ペヨンジュン

あと、サッカーの中田ヒデがオリラジのあっちゃんの髪型をしたみたいな人もいましたよ

それとパパイヤ鈴木みたいな人も・・・
by tamegorou (2007-06-30 14:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。