So-net無料ブログ作成
検索選択

FUTURE SONICS m5購入! [アメリカのメーカー]

アメリカのFUTURE SONICSというメーカーのカナル型イヤホン、

m5が、日本でも発売された。


パワフルで、且つなかなかの繊細さも持ち合わせており、

音楽の雰囲気がある。

ダイナミック型ドライバーのカナル・イヤホンとしては、

国産のモデルとは、ひと味違った音場感を楽しめるモデルだ。





ーーー 続きを読む ーーー

基本的には、シュアーのイヤホンような耳廻し装着が良いだろう。

イヤホン本体付近のケーブルには、形状を記憶するチューブが着いているので、
一度自分の耳に合わせて曲げておけば、以降、装着は比較的スムースである。

一応、左右の本体の内側にはLRの表記があるが、
この表記は、やや見にくいかもしれない。

慣れれば、形状でパっと左右を判別できると思うが、
いわゆる耳廻し装着に慣れていないと、
最初はちょっと左右の確認に戸惑うかも。





とにかく低域の音場感が良い。

音は厚く、一聴すると解像度はあまり高く感じないが、
実は細かいニュアンスなども結構出ている。

カッチリ音像を際立たせるタイプの音では無く、
音の実在感を音場感ごと表現する感じの音である。

現時点では、中域、高域に比べると、低域の質感は量感の中に埋もれがちだが、
この辺は、もう少しエージングで様子をみたいところ。

ウッドベースとエレキベースの音の質感の違いのような部分が、
もう少しハッキリ伝わって来るといいのだが、
今のところ、低域に関しては音場感優先といった感じがする。

このあたりの音場感と質感のバランスは、
国産メーカーのイヤホンには無い個性を感じる。





シリコン2段チップでは、パワフルで豊かな音場感が魅力。

高域は綺麗に出ているが、やや低域寄りの音バランス。

多少籠り感は感じるが、低域の音場感はカナル型イヤホンとしてはなかなか。


肌色フォームチップでは、音場感に透明感が増す感じがする。

黒チップと比べると、全体的にバランスが良くなる感じだが、
低域の音場感も失っていない。





国産ダイナミック型カナルよりステム(ノズル)径が細いので、
最も一般的なソニーのEXチップなどは使えない。

Goldring GX200やERの3段チップ、シュアーのE2c以外など、
サイズ的にはその辺のイヤチップが使えそうだが、
m5のステム(ノズル)は細く長い印象があるので、
強度的なことを考えると、純正以外のチップの使用は避けた方が無難。

試すなら、あくまで自己責任で。

サイズ以外にも、チップの素材の持つ弾力等も考慮した方がいいかもしれない。


個人的には、GX200の黒シリコンチップを使用した際の、
より低域がパワフルな音も、ロックを聴くのに結構好きだ。

m5純正の黒シリコン2段チップの素材がややヤワな感じなので、
私にとってはこちらの方がキッチリ密閉できる感じがする。





iPodとの相性も良く、
特に付属のケースはスッポリとiPodが入るサイズだ。

セミハードタイプなので、iPodのケースとしても充分使用できそうだ。

ダブルファスナーで、使い易さも考慮されている。














あくまで個人的な話であるが、
最近、80年代あたりのロックのリマスタリングCDものに凝っており、
これまで聴き慣れたCDと聴き比べては楽しんでいる。

そんな音楽を楽しく聴く際に、とても適したイヤホンだと思う。

本来プロのモニタリングの技術が活かされたイヤホンのようであるが、
その音は、聴いて楽しく、神経質な印象はあまり無い。

遮音性は充分あり、音漏れもとても少ない。

騒音下でも低域がマスキングされにくく、
音楽の雰囲気が環境音にジャマされるといった感じが少ない。

なかなかツボを得た音作りのように感じた。 









参考資料

正規販売店 フジヤエービック サイト ヘッドフォン インナーイヤー
http://www.fujiya-avic.co.jp/d-style/innerear.html

フジヤエービック ブログ 記事「新型カナルイヤホン、国内発売決定!」
http://avic.livedoor.biz/archives/50744511.html


FUTURE SONICS サイト ATORIO SERIES
http://www.futuresonics.com/atrio/index.html





nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 6

コメント 10

ahtoh

分かる範囲では、ためさんと僕とRX78さんの3名が2つとも入手してしまったんですね(^^;

実はm5が耳回しタイプということに気がつきませんでした。
下に垂らしても結構耳にフィットするように感じていました。
なるほど、確かに形状記憶のチューブがついていましたね。
by ahtoh (2007-06-16 05:59) 

まめぞう

あ、この形状記憶チューブ、いいですね!
SHUREなんかの場合、必ずこの部分の被覆が割れちゃうんですよね~(ToT)
それからケースのレリーフもカッコイイです。最近のお巡りさんのエンブレム(左袖についてる警視庁とか○○県警と書いてあるワッペンみたいの)もこの技術使って作られてるんですよね。^^
by まめぞう (2007-06-16 08:20) 

moonrabbit

やっぱりこのケースは良さ気ですね。
音も色々と自分好みに持って行きやすい感じが、個人的にGooD!です。
機会がありましたら、ぜひハァハァさせてください。
アンプ持って馳せ参じます(笑)
by moonrabbit (2007-06-16 12:43) 

HIRO

ためさんも購入されたのですね!
ケースはiPodを視野に入れて設計したとしか思えないほどピッタリですねw手軽に持ち運ぶにはとても良さそうです。

イヤホンの出来も高いようで満足度の高い商品になってそうですね(^^
う~ん、iPod欲しい(ぇ
by HIRO (2007-06-16 22:42) 

tamegorou

>ahtohさん

装着法はご自由だと思います
まっすぐ伸ばして下に垂らすのもアリだと思いますよ

私の場合は、それだと耳たぶに干渉してしまい、ダメでした
by tamegorou (2007-06-17 00:15) 

tamegorou

>エルモさん

形状記憶チューブの耐久性は、一般論としてちょっと心配ですね
特に冬場が心配かな・・・

ケースのレリーフは立体感があってカッコイイですね
洋服のブランドロゴなどにも使われてたりしますよね(^^
by tamegorou (2007-06-17 00:18) 

tamegorou

>らびさん

例によって、低域は装着次第で制御可能ですし、
基本的に空気感を持った音場感は魅力ですね

線の細い音というイメージではありませんが、
音の細部のニュアンスも描き出してくれます

SBMのCDも、お借りしっぱなしです(^^;
近いうちにお会いしましょう
by tamegorou (2007-06-17 00:23) 

tamegorou

>HIROさん

ケースはきっとiPodを測って作ったのでしょうね(^^;
なかなか良いケースだと思います

まだまだエージングで変化しそうではありますが、
素性はとても良く、気に入っています
今後も楽しみなイヤホンのひとつですね(^^
by tamegorou (2007-06-17 00:26) 

たつを

自分が試聴した感じでは、低音の感じにかなりの癖感じたんですが、ためごろうさんのレビューの「音場感優先の低域」ってのを見て、思わず納得してしまいました。
ホントに言い得て妙な表現ですね。
始めは、なんとなく慣れない音だったので違和感が合ったのですが、2,3曲聴いてみたら、慣れてきたのかかなりいい感じに聴こえましたね。
ちなみに、自分はスポンジチップでしか、まともに付けられませんでした(^^;
by たつを (2007-06-17 02:19) 

tamegorou

>たつをさん

試聴の感想、参考になります

中域や高域は、音像の質感が比較的明確なのですが、
低域に関しては、音の量感と厚みの中に質感が埋もれがちに感じます

今後、低域はもう少し締まってくることも予想されますが、
傾向としては、低域の豊かな音場感はこのイヤホンの個性だと思います

私も付属の黒シリコンチップはなかなかしっくりといきませんね
個人的に、どれもサイズが微妙に合わないのと、
シリコンの素材がやや薄いのが原因のような気がしてます

スポンジチップの方がバランス良く聴こえる気がしました
それでも低域の音場感は魅力です(^^
by tamegorou (2007-06-17 02:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。